国の制度を利用する

うつ病の治療費について

うつ病の特徴としては、治療期間がどれくらいかかるかわからないという点があります。当然ですが、うつ病の治療をするのにも費用がかかります。 基本的な治療については、健康保険の対象となり、年齢に応じた負担をすることになります。 ただ、長期化してきますと、治療費はもちろん、家計の面でも心配が起きてきます。 そこで、「自立支援医療費制度」という制度を知っておくといいでしょう。これは、障がいのある患者に必要な医療を確保し、継続して治療を受けられるように支援することを目的として定められたものです。そして、うつ病の患者もこの制度の対象となります。 この制度を活用しますと、医療費の自己負担額が原則として1割に減額され、所得に応じて1ヶ月あたりに支払う金額の条件が決まってくるのです。

病気の特徴・症状について

うつ病は、意欲が出ない、朝起きられない、集中力や思考力がなくなるなどの症状があり、それが2週間以上続く状態をいいます。 以前は心の病といわれていましたが、最近は脳内の神経伝達物質の働きが悪くなって、心に影響してくるものだといわれています。 うつ病を自分自身で受け入れることを嫌い、薬を飲むことにも抵抗を感じる人が多いです。しかし、それでは、治るものも治りません。しっかりと診察を受けて、処方された薬を飲みつつ、心身を休ませることが大切なのです。 また、うつ病について周囲の人間がしっかり理解しないといけません。それがないと、患者である本人に悪い影響を与え、治療が長引いてしまいます。本人だけでなく、周囲の人間の心構えも大切です。