実際の治療を知る

うつ病かなと感じたらまずは心療内科に

 今、うつ病の患者は多いと言われていますが、まさか自分がなるとは思っていなかった、という人は多いといいます。しかし、うつ病は誰もがなる可能性があり、特別な病気ではありません。風邪をひいたりお腹が痛くなったりしたら、お医者さんに行って診てもらい、薬をもらいますよね。それと一緒で、うつ病は心の風邪と思っていいでしょう。治すためにはきちんと専門家に診てもらい、確実に治していくことが大切です。中には心療内科に行くのに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、うつ病は自分で治すことは難しいと言われていて、放置しておくとさらに症状が悪化し、結果的に回復に時間がかかるということになってしまいます。では、実際に自分がうつ病かもしれないと思って心療内科に行ったら、どんな治療をするのか具体的に診ていきましょう。

心療内科では何をするのか

 まず、病院を探したら窓口で保険証を出し、問診表に記入します。ここで現在の症状などを書きこむようにしましょう。名前を呼ばれたら診察室に入ります。まず、医師から色々な質問をされる事が多いです。これは、話の中からあなたが今どんなことで悩んでいるのか探るためです。質問はいくつかありますが、「どんな症状があるか」「身の回りの環境が変わったか」など簡単に答えられる質問なので、あまり緊張せずリラックスして答えるといいでしょう。また、気になることがあれば話すようにします。具体的な治療としては、十分な休養と薬による治療が基本です。医師の指示に従って必要に応じて休んだり、薬を服用したりと、しっかりと治療していく事が早い回復へと繋がります。

治療期間がどれ位なのか、理解しましょう

うつ病は心の病になります。ですので、その人その人に合わせた治療方法というものがあります。風邪などの病気とは異なりますので、この薬を飲めば治るということもありませんし、寝ていれば治るといったことも無いのです。 ですので、うつ病の治療方法には、実に様々なものがあります。そして、完全にうつ病の治療が終わるまでにも、長い期間が掛かりますので、ご家族や周りの友人は、事前に理解をしておかなくてはいけません。 中には症状がひどくなりすぎてしまい、治療に専念をする為に、勤めていた会社を辞めなくてはいけないという人もいるでしょう。うつ病は、簡単な病気ではありませんので、その症状に合わせて、家族もきちんと理解をしていかなくてはいけないのです。

薬は、合わなかったらきちんと伝えましょう

うつ病の治療方法で、最も一般的に使われるのが、抗うつ剤を使用する方法になります。ですが、人それぞれ合うもの合わないものがありますので、薬を飲み始めて、少しでも体に合わないと感じたら、医者に伝えることが大切です。 抗うつ剤は、うつの症状の原因とも言われております、脳内情報のバランスの乱れを整えてくれる薬です。ですので、治療を行う上では、欠かせない薬になります。薬を飲みながら、上手に休養をとっていくことで、うつ病の症状を良くしていくのですが、薬が合わないまま治療を進めても、一向に良くなるわけはありません。 薬にも様々なものがありますので、自分に合った薬を、上手に先生と探していくことも大切です。少しでも合わないと感じましたら、我慢をしないではっきりと伝えるようにしましょう。