ココロがすかすかな気がする

実際の治療を知る

うつ病患者は心療内科を利用して治療を進めていきます。心療内科では、まず問診票で症状を確認し、その後医師の診察に入ります。基本的な質問を受けて診断されます。事前に知っておきたい治療の流れを紹介します。

» 詳しくはこちら

国の制度を利用する

うつ病は病院での治療が必要となりますが、気になるのがその治療費です。日本では自立支援医療費制度というものを設けており、うつ病も対象となっているので、費用もあまり心配することなく治療できます。

» 詳しくはこちら

治療を前向きに

うつ病の治療は医師と一緒になって治療を進めることが最も効果的で、患者と真剣に向き合ってくれる医師と共に治療に励むことによって早期改善をすることができます。病院治療と同時に生活習慣も見直す必要があります。

» 詳しくはこちら

現代病の一つ

うつ病は現代病の一つとも言われており、誰もが隣り合わせで発症の可能性をかかえる病気です。この病気にかかってしまった時には自分のペースで治療を進めていくことが大切です。

» 詳しくはこちら

がんばり過ぎない

うつ病は真面目で責任感が強い人がかかる可能性が高いと言われています。うつ病を予防する為にも日頃からしっかりと休息をとる必要があり、これは病気にかかった後も同様です。

» 詳しくはこちら

うつ病と分かったら

うつ病の種類を知って、正しく治療を受けましょう。|うつアカデミー

うつ病の種類にもさまざまあり、こちらで詳しく紹介しています。症状に合わせた治療を行うことで元の生活に戻ることができますよ。

もしあなたがうつ病になってしまったら

今、うつ病を発症する人は多いと言われています。原因は様々ですが、仕事や家庭、自分が所属するところでの人間関係などのストレスが多く、常に心に負担がかかる状態になっている人も多いようです。うつ病は自分の意思に関係なく、常に悲観的になったりやる気が起きなくなったりと強い憂鬱感が長く続き、日常生活に支障をきたします。これは本人が悪いわけではなく、脳の働きや機能が低下することによって精神状態や身体症状の不調が現れるのです。もし自分がうつ病になってしまったら、無理をせずしっかり治療していくことが回復への近道です。また、自分で治すことは難しいとされているので、おかしいと思ったら心療内科に行き、専門家の方に相談しましょう。では、実際に治療をするときは具体的にどのような事をするのでしょうか。

治療のポイントを知ろう

 うつ病の治療の基本は、十分な休養と睡眠をとることと薬による治療です。まずは、しっかり休んで脳の疲れを取り、それと並行して薬による治療で脳の神経伝達のバランスを整えていきます。患者さんの中には仕事や家事を休むことは悪いことだと感じ、なかなか休もうとしない人も多いのですが、きちんと休まなければ治療の効果も得にくいということを知っておきましょう。また、薬に頼ることに抵抗を感じる人もいるようですが、風邪や腹痛などと同じように、薬の作用によって体の中から異常を治していく事が大切なのです。専門家の処方なので、怖がることはありません。服用によって不安感を抑える効果や、精神的な安定を期待できます。治療には、ある程度の時間を要する場合が多いです。しかし意思の指示に従って治療をしていくことで確実に回復に向かっていくので、焦らずじっくり治療に取り組みましょう。

うつと向き合うことが大切

まずうつ病と診断されたら自分と向き合うことが大切です。うつ病であるという現実をまずは受け止めることから治療を始めましょう。病気ではないけれどもうつ状態に陥ってしまうことは高い確率で誰しもあるはずです。しかしながら一般的にはそのうつ状態は一過性のものと言われていますから病気ではなく、ただうつの状態に陥ってしまっている状態でしょう。しかしうつ病になりますと、いつでもどこでもうつの状態が続いてしまうので、生きがいもなくなってしまいます。生きていても苦しみしかないのです。治療を行えば症状も緩和されていくのですが、しっかり治療を行わなければ状況はあまり良くならないと言っても良いかもしれません。病気と向き合いましょう。

うつ病には理解者が必要

理解者やサポートしてくれるひとがいればうつ病も緩和されていきます。しかしサポートがないからこそうつ病に陥ってしまうという悪循環でもあります。人間はひとりでは生きて行くことは出来ませんから、周りの支えが与儀なくされるのです。人を信用して頼ることも時には大切なのです。 うつ病になってしまう人の共通点はいくつかあります。責任感が強く真面目で弱音を吐かないようなひとがうつになってしまうという傾向もあるのです。誰かに相談することも時には必要なことですから弱い自分を見せられる相手を作るのもうつの治療に効果的かもしれません。主治医との二人三脚で治療するものでもありますから、主治医を信用して頼って治療に専念してみましょう。

オススメリンク